事業引継支援センター主催の事業引継支援セミナーに参加してきました。
中小企業の事業承継については親族内に後継者がいる場合はよいのですが、後継者が不在となるとどうするかが課題となります。

そのような場合、中小・小規模事業者の多くは廃業を選択してしまうケースが少なくないように感じます。

中小企業であっても様々な知的資産を有することを考えると、その価値が損なわれるのはもったいないと感じます。

親族内、社内に承継者が見当たらない場合、外部の第3者にM&Aを受ける方法があります。民間にも多くの仲介会社が存在します。ただ、事業規模が小さいと価値の算定が困難であったり、相手方を見つけるのが困難であったり、M&A仲介会社のインカムも小さくなるため、後継者不在のオーナーが話を持ち込んでも話がまとまらないケースがあります。
こうした場合、国の施策により設置されている各地の事業引継センターに相談を持ち掛けることが有効と感じました。ノウハウの蓄積もあり参考となると思います。

無題