結論から言えば、決算書の財務数値を良くすることが最善策です。
銀行の評価は、その銀行での相対的な評価であって、絶対的評価ではありません。また、他の金融機関においても同じ企業に対する評価は異なります。
ですから、融資先を考える場合は、規模の違う複数の金融機関との取引を考えることが基本となります。なぜなら、規模が同じくらいの金融機関だと結果として、企業に対する評価も概ね同じような結果になるからです。
業績のよい金融機関の方が、どうしても評価が厳しくなると思います。