クラウド会計の勧め


当事務所(名古屋の公認会計士・税理士安田益生事務所)はMFクラウド(mfcloud)の公認メンバー(ゴールドメンバー)・フリー(freee)の認定アドバイザー事務所です。
また、「MFクラウド認定 導入アドバイザー」が在籍しております。

MFクラウド、freeeについて
なぜ、クラウドなのか

クラウド会計システムとは、会計ソフトとデータがすべてクラウドサーバ ー上にあり、会計に関する情報を一元管理できるシステムです。

これまでは会計事務所のメイン業務は定期巡回監査でした。
つまり定期訪問時に帳簿のチェックを行い、同時に相談業務を行うといった方法です。それ自体は重要であり今後も必要な業務と思います。
しかしながら、小規模事業者にいたってはどうでしょうか。
小規模事業者には巡回のニーズがそれほど高くは ありません。 こうした状況では従来の定期巡回サービスでは「ニーズとサービス」のミスマッチが生じてしまいます。

そこで登場するのがクラウド会計サービスとなります。
毎月の定期巡回サービスを必要としないお客様や、帳簿の内容をしっかりとみてほしいがコストを抑 えたいお客様にとって「コストとサービスの一致」の一致の面でクラウド会計 が最適になるだろうと思います。

クラウド会計(完全クラウド型)導入のメリット

改めてクラウド会計システム(完全クラウド型)のメリットを列挙しました。

  • インストール不要
  • 自動バージョンアップ
  • 自社サーバーを持つ必要がない
  • インターネット環境があればどこでも接続可能
  • 会計事務所とお客様がいつでもデータを共有できる

このようにクラウド化により、生産性の向上とコスト削減が見込まれます。

 クラウドによる自計化の勧め

我々会計事務所は「自計化」という言葉を使います。
自計化とは「顧問先である企業が自分で会計ソフトに必要データを入力する」ことを指します。

なぜ、自計化がいいかというと・・・・

1) 経営状況がジャストインタイムで把握できる(今、儲かっているのか否か)
2) 毎日経理処理を行なうことによって、処理のミスが少なくなる
3) 会計事務所に記帳代行をお願いしない分、より付加価値の高いサービスを受けることが可能

ということになります。
もちろん、自計化のデメリットもあります。

1) (自計化のやり方によっては)今まで(自計化を行なう前)より作業量がかなり増える
2) (経理処理を行なうための)専門的な知識を身につけるのに時間がかかる
3) 入力作業を自社で行なうのに顧問料が下がらない(もしくは付加価値の高いサービスが受けられない)
4) 自計化を行なうにあたって新たな設備投資が必要になる場合がある

われわれ会計事務所にとって自計化のメリットは、なんといっても「起票および入力作業を企業に行なってもらうことにより、職員の作業が減少すること」にあります。

もちろん全ての会計事務所がそのように考えているのではなく、記帳代行業務をメイン業務と考えるのであれば、丸投げしてもらえた方がむしろありがたいことになります。

【良い自計化のポイント】を整理してみました。

 1) 経理担当社員の作業量が増えない(今までより作業時間が減る)
 2) 会計事務所の担当職員もしくは先生がより高度な提案を行なう(資金繰り提案など)
 3) トップおよび現場の経理担当社員お互いが、納得して進められる

この3点がポイントです。

だから可能な限り自計化を進めていきましょう。
ただ、あくまでも自計化の目的は、「会計処理したデータを経営に生かす」ことであり、そのために企業側の処理時間が増え、経理担当社員の負担があまりに大きくなっては意味がありません。
この点に注意し、「自計化」の前提として経理業務の効率化提案」を行なうことが先ず以て重要と考えています。

完全クラウド会計の導入について

当事務所ではクラウド会計の導入による自計化を推進しています。
MFクラウド(マネーフォワードクラウド)、freeeを導入しています。

銀行やクレジット会社の情報を自動取り込みすることにより大幅な工数の削減が可能となります。そして何よりも自計化により経営者様自らが、自社の業績をタイムリーに把握でき業績向上のためのヒントをつかむことができる点が一番のメリットです。
何事も最初は億劫なものですが、クラウド会計の導入による自計化はその後の事業発展に大きな効果をもたらすものと確信しています。

当事務所では、MFクラウドやfreeeといったクラウド会計の導入先や、これから取り組んでいこうと考えておられる経営者様を積極的に支援して参ります。
クラウド会計の導入を考えておられる経営者様、すでにMFクラウドやfreeeを導入されていながら十分に使いこなせておられない経営者様からのお問い合わせをお待ちしております。

定期的に、クラウド会計の勉強会も実施しています。
無料相談サービスをご利用いただき、ぜひお問い合わせください。

当事務所の対応

当事務所はMFクラウドの公認メンバー(上級アドバイザー)・freeeの認定アドバイザー事務所です。クラウド会計により、お客様・当事務所の業務処理コストの削減効果を図っています。

クラウド会計(MFクラウド,freee)についてお問い合わせを頂いている新規のお客様については、零細企業様が多く、毎月の定期訪問までのご要望も比較的少ないのが本音です。
そこで当事務所としましても、クラウドの利点を生かし、リアルタイムで帳簿閲覧が可能であるため事務所内で仕訳を確認し、メール(もしくは電話)で対応させて頂くことにより定期訪問の削減により効率化が図っています。
MFクラウド・freee導入先様については基本的に来所頂いていますが、ご来所頂く回数は、ご相談により半期に一度もしくは3か月に一度となっています。

クラウドの導入による自計化は、タイムリーに自社の状況がわかるという主目的はもちろんのこと、税理士事務所の顧問報酬を抑える面でも効果があります。われわれ税理士としては顧問報酬は高いに越したことはないのですが、訪問コストの削減という意味では不利益は感じておりません。
クラウド導入済の経営者の方はもちろん、これから導入をお考えの方、最適なご提案ができると思いますのでぜひともご連絡ください。